事業内容

レアメタルとは?

レアメタル(希少金属)とは非鉄金属のうち、採掘と精錬にコストが掛かり、単体として取り出すことが技術的に困難などの理由から、産業界での流通量・使用量が少なく希少価値の高い金属のことを言います。そして、レアメタルは、金属それぞれが持つ特性によりスマートフォンやデジカメなど電子機器・自動車・航空機に至るまであらゆる製品に組み込まれており、日本の製造業の優位性を支えている素材であるとも言われています。ただ、それらは特定の国・地域に偏在していることが多く、入手が困難であり、価格変動のリスクが高いことから、安定供給確保に向けた調達体制の多様化やリサイクル技術の開発が求められています。

わたしたちは、常にグローバルな視点に立ち新たな資源を求めるとともに、高度な特殊技術によって付加価値の高い素材をご提供しています。「リサイクル」と「トレーディング」、二つの業務を組み合わせ、レアメタル資源の確保・維持にこれからも努めて参ります。

矢野金属が選ばれる3つのポイント

II FACTORY